最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





★父子関係、DNA鑑定で取り消し 司法、異例の判断
2014年1月19日07時18分

DNA型鑑定で血縁関係がないと証明されれば、父子関係を取り消せるかが争われた 訴訟の判決で、大阪家裁と大阪高裁が、鑑定結果を根拠に父子関係を取り消していた ことがわかった。いったん成立した親子関係を、科学鑑定をもとに否定する司法判断は、 極めて異例だ。

訴訟は最高裁で審理中。鑑定の精度が急速に向上し、民間機関での鑑定も容易になるなか 、高裁判断が維持されれば、父子関係が覆されるケースが相次ぐ可能性がある。
最高裁は近く判断を示すとみられ、結果次第では、社会に大きな影響を及ぼしそうだ。

争っているのは、西日本の30代の夫婦。2012年4月の一審・大阪家裁と同年11月の 二審・同高裁の判決によると、妻は夫の単身赴任中、別の男性の子を妊娠。夫は月に数回、 妻のもとに帰宅しており、実の子だと疑っていなかった。

その後、妻と別の男性の交際が発覚。妻は夫に離婚を求め、子と交際男性との間でDNA型 鑑定を実施したところ、生物学上の父子関係は「99・99%」との結果が出た。妻は子を 原告として、夫との父子関係がないことの確認を求めて提訴。「科学的根拠に基づいて明確に 父子関係が否定されれば、父子関係は取り消せるはずだ」と主張した。

http://www.asahi.com/articles/ASG1G6WKRG1GUTIL05R.html




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/657-bda6355d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ