最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





F1ドライバー年俸ランキング: 2010年 - 2


F1 2010 driver salaries revealed ? who earns most?


F1ドライバーの年俸の最新リストが公表され、今シーズン誰が最も高い年俸を得ているのかが明らかになった。その報酬に見合うパフォーマンスはどのようなものなのだろうか...



毎年恒例のF1ドライバー年俸リストが公表され、ワールドチャンピオンふたりが1位と2位を占め、今年グランプリに参戦してないドライバーが3位に入った。



"Business Book GP" が収集した情報をスペイン紙 "El Mundo" が引用して掲載した記事によると、フェラーリのスター、フェルナンド・アロンソは、約3,000万ユーロの年俸に加え、外部のCM出演料を得ているという。



これは、元チームメイトでライバルのルイス・ハミルトンの年俸1,600万ユーロのほぼ倍額である。また、ワールドラリー・チャンピオンシップに転向したキミ・ライコネンも、フェラーリの給料から恩恵を受け続けているため、ハミルトンと事実上同額の年俸を得ている。



4位は1,400万ユーロのフェリペ・マッサであるが、チームメイトの半額未満である。ディフェンディング・チャンピオンのF1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは900万ユーロで5位となり、ミハエル・シューマッハを上回った。シューマッハは、今年これまでひどく期待はずれのカムバックを見せているので、800万ユーロの報酬はおそらく気前がよいと言えるだろう。



ニコ・ロズベルグはチームメイトと同額で、将来のチャンピオン候補であるルノーF1のロバート・クビサより多い報酬を獲ている。



この数字が正確ならば、意外なことは、ウィリアムズの超ベテランのルーベンス・バリチェロの年俸が550万ユーロであり、ワールドチャンピオンシップ首位のマーク・ウェバーあるいはセバスチャン・ヴェッテルよりも稼いでいることである。同じく意外にも、ウェバーの年俸はヴェッテルよりも200万ユーロ多い420万ユーロである。ただしレッドブル・レーシングのふたりはいずれも、優勝ごとに高額のボーナス契約を結んでいると見られている。



ロータス・レーシングのヤルノ・トゥルーリも、基本年俸でヴェッテルを上回る300万ユーロを得ている。トゥルーリのチームメイト、ヘイキ・コバライネンの年俸は約200万ユーロ、ヴァージン・レーシングのティモ・グロックは100万ユーロ、ウィリアムズのルーキー、ニコ・ヒュルケンベルグは70万ユーロである。



リストの後方には、50万ユーロのザウバーのペドロ・デ・ラ・ロサと小林可夢偉、ルノーのヴィタリー・ペトロフ、40万ユーロのスクーデリア・トロ・ロッソのペアであるハイメ・アルグエルスアリとセバスチャン・ブエミ、20万ユーロのフォース・インディアのエイドリアン・スーティルとヴィタントニオ・リウッツィ、ヴァージンのルーキー、ルーカス・ディ・グラッシ、年俸を得ている最後のドライバーは、わずが15万ユーロのHRTのブルーノ・セナである。これはおおよそアロンソの200分の1である。



数字を合計すると、フェラーリはドライバー出費に関しては、ライコネン込みだと6,000万ユーロ、彼抜きだと4,400万ユーロとなり、今年最高額を使っているチームである。



 2010年F1ドライバー推定年俸 - 12戦までのドライバーズ・ランキング付

2010年F1ドライバー推定年俸 - 12戦までのドライバーズ・ランキング付


 F1チームからドライバーへの推定支出 - 12戦までのコンストラクターズ・ランキング付

2010年F1チームからドライバーへの推定支出 - 12戦までのコンストラクターズ・ランキング付
 情報源:Business Book GP 2010




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/592-0bd5fb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ