最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





【韓国】アシアナ機事故 事故原因による賠償責任の行方は? サンフランシスコ空港、航空機メーカーの責任はどうなるのか!
1: 東京ロマンチカφ ★ 2013/07/09(火) 12:48:59.27 ID:???
 アシアナ航空機の着陸失敗事故を調べている米国家運輸安全委員会(NTSB)は7日、事故の
7秒前の時点で事故機は目標速度を下回っており、1.5秒前には操縦士が再上昇を試みていたと
する中間発表を行った。機体の欠陥ではなく、操縦士の過失が原因である可能性を示唆したものだ。

 事故原因によって、航空会社、サンフランシスコ空港、航空機メーカーのボーイングの責任は
それぞれどうなるのか。事故原因に関する調査結果がまとまるには、早ければ数カ月、最長で数年
かかることもあり、現時点では即断できない。

 ただ、専門家はアシアナ航空が自己責任を免れるのは難しいと指摘する。韓国航空大のキム・
ジョンボク教授(航空法)は「国際航空輸送に関するモントリオール条約(2003年発効)は2段階の
責任制度を設けているが、11万3100SDR(約1370万円)以下の費用は航空会社が無条件で
責任を負う。それを上回る部分も、航空会社自ら過失がないと立証できなければ、責任を負うことに
なる」と説明した。

 アシアナ航空は今回の事故を収拾後、モントリオール条約の基準に従い、死者の遺族、負傷者の
代表と賠償交渉を行う予定だ。大韓航空は1997年に起きたグアム島での墜落事故で、10万SDRに
特別見舞金を加算した2億5000万ウォン(約2200万円、現在のレート・以下同)を遺族に支払った。
しかし、賠償合意に納得しない遺族の一部は、韓国の裁判所で約7億ウォン(約6160万円)、
米国の裁判所では約20億ウォン(約1億7600万円)の賠償金を受け取った。賠償額計算サイトの
ススロ・ドットコムの韓文哲(ハン・ムンチョル)弁護士は「今回もアシアナとの和解に応じない人は、
韓国より賠償額が大きい米国の裁判所に提訴する可能性が高い」と指摘した。

 事故調査の結果、航空会社だけでなく、空港や航空機メーカーにも責任があることが明らかに
なれば、アシアナ航空は支払い済みの賠償額の一部について、空港やボーイングに賠償請求権を
行使することができる。

 滑走路の自動着陸誘導装置が故障していたからといって、航空当局の責任を問うのは困難と
みられる。97年のグアム事故では、裁判所がグアム空港の自動着陸誘導装置が故障していた
ことを認定したが「墜落事故を防ぐべき注意義務を果たさなかった操縦士に単純過失を上回る
責任がある」と判示した。丁海徳(チョン・ヘドク)弁護士は「金銭的な賠償問題だけでなく、
刑事的な問題もある。操縦士の過失が明らかになれば、刑事責任を負うこともあり得る」との意見だ。

 旅客機が異常に低い高度で滑走路に進入した原因については、操縦士の過失であれば
アシアナの責任だが、機体の欠陥があった場合には、ボーイングにも一部責任が生じる。

宋元亨(ソン・ウォンヒョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/09/2013070901168.html




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/557-5b3cdc59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ