最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





画像1



「人生は短い、浮気をしましょう」

アシュリーマディソン

https://www.ashleymadison.com/


既婚者向けの不倫専用SNS アシュレイマディソン



02年にカナダで発祥した不倫SNS「アシュレイ・マディソン」が6月24日、日本に上陸し、騒ぎになっている。世界27カ国、1900万人の男女会員が登録し、アプリ版まで登場。割り切ったセックス相手を探すツールとして、目的がハッキリしているだけに、手っ取り早いと世界中で大人気になっているのだ。

さっそく登録してみると、年齢、地域、身長、体重のほか「希望する関係」や「私が興奮すること」などを書き込む項目があらわれる。


いざ、好みの女性を探そうと条件を入れて検索すると顔写真や下着姿をあらわにした女性がズラリ。渋谷区の26歳の女性は、「お相手とのデートの好み……目隠し、大人のおもちゃ体験、フェラするのが好き……」「援助交際を求めています……」などと自らの性癖を紹介。

“男性のプレーメートを探しています”というフレーズで誘う32歳の女性(川崎市)は、「軽い変態プレーが好き……甘い浮気と刺激は最高の冒険。私が連れて行ってあげる」とアピールしている。

日本に上陸してまだ1週間だというのに、相当な人数の女性が登録している。しかも、ヤル気満々だ。これなら、カンタンにセフレを探せそう。

気に入った女性にメールするには「ポイント」を購入する必要がある。カード決済となるが、明細には「アシュレイ・マディソン」とは表示されないというから妻にバレるリスクも低いわけだ。

ただし、このサイト、日本で定着するのは難しいという。

「もともと、不倫しましょうとうたっているサイトだけに、万が一、配偶者に登録がバレたら言い逃れができない。すでに国内では、フェイスブックなど、“不倫できるツール”は存在しているのに、あえてアシュレイ・マディソンを使うのはリスクがある。

それに、サクラの可能性や美人局(つつもたせ)が起きる心配もあるので注意が必要です。海外旅行や出張で、英語圏やアジア圏の女性と知り合いたいというサラリーマンなら、使い勝手もあると思いますが……」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)


・お試しコース・・4,900円で100クレジット
・エリートコース・・14,900円で500クレジット
・究極コース・・2,4900円で1,000クレジット




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/503-0041db17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ