最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





【1】名前なし:2013-03-11
十六銀行(岐阜市)が外注した行内通信システム開発業務を巡り、発注を受けた通信機器販売大手「ネットワンシステムズ」(東京)の幹部や開発業務に携わっていた同行行員らが別の会社への架空発注を繰り返し、ネット社から総額7億8000万円をだまし取っていた疑いのあることがわかった。ネット社や十六銀行が発表した。 不正に関与したのは、十六銀行のOBでネット社の本部長、行員、システム開発会社の社員の計3人。不正行為の発覚は東京国税局の税務調査が端緒で、いずれも2月末から3月上旬にかけて懲戒解雇された。ネット社は3人を詐欺容疑で告訴する方針だ。 ネット社によると、3人は2005年4月から12年8月の約7年間、 ネット社が受注した開発業務のコンサルティング業務などを実体のないコンサル会社に発注。52回にわたりネット社から振り込まれた代金をだまし取っていたという。 本部長と行員は以前の同僚、システム開発会社の社員は同行との取引を通じ2人と面識があったという。コンサル会社の口座は事実上、システム開発会社の社員が管理し、引き出した現金は3人で分配していた。 本部長と行員は1990年代半ば以降、社員から飲食などの接待を受けていたといい、 本部長は「遊興費が欲しかった」と話しているという。 大きな金額ですのできちんとした調査と適切な裁きを。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/476-a6e5a296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ