最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





「低い声」の男性は稼ぎが良い。それって本当?少なくともある研究調査の数字によると、それは正しいそうです。

アメリカの Duke University’s Fuqua School of Business とUniversity of Californiaの学者が、792人のCEOのスピーチサンプルで声の高さを測り、資産、給料、勤務年数、さらに、年齢、教育レベル、身体的または声の特徴といった要因も考慮に入れ分析を行いました。

すると、声の高さとその人の成功に明らかな相互関係が見出せました。低い声の持ち主ほど、大きな会社を引率し、稼ぎも多かったのです。

数字を見ると、声の高さが22.1Hz(周波数)下がると、会社規模では$4億4,000万(約450億円)の増加を意味し、年収は$187,000(約1,900万)高くなるということです。

この調査に参加したモハン・ベンカラチャァム教授は「この結果は、低い声がアメリカ企業の上層部にも際立った効果があることを示しています」と語っています。ただ、低い声が具体的にどのように人に働きかけるのかはまだ分からないとのこと。

選挙でも低い声の候補者がより多くの票を集めるとの調査結果もあるくらい。声色というのは、対人関係では無意識レベルで非常に大きな役割を果たしているようです。

※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。


参考:Deep-voiced chief executives are more successful, scientists say
http://www.telegraph.co.uk/science/10052978/Deep-voiced-chief-executives-are-more-successful-scientists-say.html




コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/18(土) 15:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/466-25a7313e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ