最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 自動車メーカーのアウディジャパンが、2009年のミス・ユニバース日本代表に輝いた宮坂絵美里さん(28)を相手取って、副賞として貸与したアウディの車両の返還と1600万円の支払いを求めた訴訟を東京地裁に起こしていたことがわかった。もうすぐ世界中で各国代表を決める選考会が順次スタートし、熱戦が繰り広げられる。その一方で、両者の主張は平行線をたどっており、華やかなミス・ユニバースの舞台裏で、一台の車をめぐっての争いが続けられている。

■1日あたり1600円のレンタル料も請求

 ミス・ユニバースで日本女性が大きな存在感を放っていた頃も今は少し懐かしい。知花くららさん(06年、総合2位)、森理世さん(07年、総合1位)、美馬寛子さん(08年、入賞)。続く09年も周囲からは、世界の舞台ではばたくことを期待されて選出された。それが、宮坂絵美里さんだった。

 優勝者の晴れやかな笑顔、そこに後日副賞として協賛者のアウディから車両が贈られることになっていた。当時の報道などでも「贈呈」という表現が大多数を占める。ただ、現実はそうではないようなのだ。

 訴状によると、アウディは主催者との間で優勝者に車両「TT」を貸与する契約を結んでいた。期間は09年5~12月の6カ月間。だが、宮坂さんが現在も所有しているため、車両の返還と、10年1月からを有償貸与として算定した額約1600万円の支払いを求めている。

■なでしこ3年、宮坂さん6カ月

 これを裏付ける書類として、アウディは主催者との間で交わされたパートナーシップ確認書という契約書を提出している。書類によると、アウディ「TT」1台を09年5月11日~12月31日までの半年間は無償で貸与するという内容になっている。

 しかし、宮坂さんは主催者から贈られたものであると主張する。主催者の担当からは「PRのために、すぐに売却されると困るので、1年は名義変更できない」などとの説明を受けたという。さらに、主催者側も無償貸与ではなく、贈与という認識だったという。主催者と宮坂さんとの間に雇用関係はない。

 一般論として、6カ月間という期間が長いのか短いのかが一概に言いきれないところがある。

 ただ、一昨年にサッカーの日本代表女子、通称なでしこジャパンの選手たちに22台を提供した際は「3年間無償リース」と発表していた。

 宮坂さん側は民法93条によって、贈与契約の効力があるとして、今後はアウディに対して反訴を予定しているという。

 今年は3月4日に、ミス・ユニバース・ジャパンの最終選考会が行われるが、その陰で後味の悪い戦いが今も続いている。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/436-0a0f5c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ