最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





バークレイズ(Barclays)の年収は936万円超となります。

バークレイズ(Barclays)はイギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループです。
年収は、海外サイト調べで1200ドル(936万円※1ドル78円換算)でした。
業種別で見てみると
シニアデベロッパー 1260ドル(983万円)
アナリスト 888ドル(693万円)
バイスプレジデント 1800ドル(1404万円)
アシスタントバイスプレジデント 1272ドル(992万円)
ITアナリスト 912ドル(711万円)
年収の範囲は最低888ドル(693万円)~1800ドル(1404万円)となっていました。
以上のデータを見て分かるように、業種によって年収に大きな差が出ている事が分かります。
Senior Developer(上級の)開発担当の給料はバークレイズの平均的な年収となっていますが、この年収で同業他社と比較すると非常に高い事が分かります。
主な仕事内容は投資銀行(株・債券の引受)やその仲介業務、リサーチなどの業務を行っています。
バークレイズ(Barclays)の生涯推定年収は?

バークレイズは転職も多い会社ですが定年まで働いた場合の推定生涯年収はどのくらいになるのでしょうか。
バークレイズの平均年収1200ドル(936)万円から生涯推定年収を算出すると4億248万円となり、非常に高い事が分かります。
そして、年収の範囲内から最低2億9799万円~6億372万円という推定ができます。
バークレイズの年収は他企業と比較してボーナスが低いのですが、給与のベースが高いので、生涯年収としても高額を期待できると思います。
バークレイズ(Barclays)の年代別年収を解説

口コミサイトなどでバークレイズの年代別の年収を調べてみたところ、30代では700~800万円、中には1000万円以上の人もいました。
そのため、スムーズに昇進していくと40代、50代には年収1000万円以上になると推測されます。
あくまでも推定でありますが一つの指標としてもいいかもしれません。
バークレイズ(Barclays)の採用や面接の具体的情報を詳しく解説!

バークレイズの選考方法はWebでの係数と言語のテストがあり、主に図表やデータを参照して問いに答えるものと、文章などの読解力を試すテストがそれぞれあります。
その後、グループディスカッションがあり、十分なコミュニケーション能力があるかどうかが試されますが、これには取り仕切る役を買って出るなど、目立とうとはせず、意見や考えを上手く提案する事がポイントとなってきます。
そして、数回の面接があり、一般的に多く聞かれる事、例えば学生時代に打ち込んでいた事や、研究していた事などを上手く答えられるようにしておくと良いと思います。
バークレイズ(Barclays)のインターンレポート!

実際にバークレイズキャピタルのインターンに参加した人は、
金融業界についてしっかり自分の意見を持つ事が出来た、今後伸びていく会社だと思った、などの感想があり、具体的にどんな事をしたのか書いてくれた人に多かったのは、デスクローテーション、社員の人と机を並べて話し合いや、提案をなどでした。
インターンは選考にも有利になるそうです。
バークレイズキャピタル証券の社長の年収について詳しく解説!

先ほど、バークレイズの業種ごとの年収をまとめましたが、(副社長)Vise Presidentだと1800ドル(1404万円)、Assistant Vice President(副社長補佐)で1272ドル(992万円)となっています。
社長の場合は年収8000万円以上ではないか、という書き込みもあり、少なくとも上場企業の社長の平均年収3000万円を大きく上回っていると思われます。
業績としても債券や金融向けの投資が伸びた、などの口コミがありました。
元バークレイズ(Barclays)社員の年収の口コミ

元社員の年収の口コミを取り上げています。
30代 金融関連

年収1080万円
評価は360度評価。それをもとに上司が評価をするという仕組み。フロントオフィスはその部署の儲けた数字、個人が儲けた数字をもとにボーナス等が決められるようだ。
30代 総務

年収700万円
仕事ができるかどうかもありますが、昇進には人間関係も必要。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/418-0b6ff41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ