最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ボストンコンサルティング(BCG)の年収は最低350万円~1500万円

ジョブサラリーコム調べによると、ボストンコンサルティング(BCG)の年収は、最低が350万円、最高が約1500万円となってます。
職種別だと、リサーチャーで約350万円~400万円。
コンサルティングだと約500万円~700万円。
プリンシパルだと約900万円~1000万円という口コミがあります。
平均年収は約865万円となっています。
ボストンコンサルティング(BCG)で年収をあげる方法

ボストンコンサルティングは外資系のコンサル会社です。
基本的に能力があればすぐに昇給するのが特徴です。
年収を1000万円以上目指すのであれば、アナリスト、シニアコンサルタント、プリンシパルクラスまで昇格すればすぐに1000万円を超える年収をもらうことができます。
マネージャークラスになると、年収は2000万円~3000万円という口コミもあります。
ボストンコンサルティング(BCG)の新卒採用について

BCGの新卒採用では、ジョブプログラムで、採用と直結したインターンシップ制度をとっております。
20年以上前から実施しているようで、学生とBCGの双方が、お互いをより深く理解するのが目的です。
コンサルティングファームが何をしているのかが見えにくい中、期間中毎日オフィスに来て、課題に取り組み、多くの社員と接していただくことで、コンサルタントの仕事と、BCGの人、雰囲気を体験、実感していただくことができます。
最終日のプレゼンテーションでの答えや、過程、その根拠など思考のパターン、情報の集め方、チームワーク、といった点を見させていただいて採用をするようです。
新卒の採用については大学3年次以上に在学中で、正社員としての職務経験をお持ちでない方が応募資格があります。
新卒の年収は、口コミでは約400万円~500万円といわれてます。
ボストンコンサルティング(BCG)の中途採用について

BCGの中途採用の資格は、コンサルタントでは4年制大学/大学院を卒業後、企業または官公庁などで5年未満程度の実務経験がある方に応募資格があります。
特に、コンサル経験や資格などは必要ないようです。
書類審査とインタビューを中心に選考します。
インタビューは、プロジェクト・リーダー、プリンシパル、もしくはパートナーと通常1対1で行われるようです。
MBAは必須ではありませんが実際にMBAを取得している社員が多いようです。
面接は、問題の概要を説明し、その問題を理解するために必要な質問をする面接だそうです。
課題を論理的に構造化し、課題解決の枠組みを設定、論点の優先順位付け、数字を使った効果的なまとめかたなど、答えよりも課題へのアプローチ方法を重点的にみるようです。 中途採用の場合の年収は、経験などを考慮するようでプロジェクトリーダークラスになれば年収は約700万円もらえるという口コミがあります。
ボストンコンサルティング(BCG)では英語力は必要?

基本英語をしゃべれる人が多いようです。
英語をしゃべれるようになれば、海外のプロジェクトにも参加することもあるようです。
英会話学校で英語力を身に付けていただくための支援制度があるようなので、英語力に自信が無い人は、積極的にご利用いただくことを勧めているようです。
ボストンコンサルティング(BCG)は激務なのか?

コンサル会社というものは実質ほぼ激務だといわれてます。それではBCGはどうでしょうか。
口コミではやはり残業は当たり前のようです。もちろん残業をしても残業代はでるので働く分だけその分年収も増えます。
勤続年数は約2年半。優秀な人は5~6年働き、転職が多いようです。
コンサル会社は勤続年数は結構短いといわれますが、それなりの知識が培われ転職にも有利です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/412-d8b0b260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ