最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ファイザーの年収を社員にきいてみました。

ファイザーの年収は、営業で約年収600万程度が平均となり、技術系だと700~900万程度の年収がもらうことができます。 月収では30万ですが営業だと成績によりボーナスが100~200万ともらえる企業です。 女性でも技術職につけば、年収は800万ももらえる方もいるようです。 管理職になると一気に年収がUPするのがファイザーの年収の特徴です。
ファイザーの年収の上がり具合

営業職になりますが、20代前半だと約450万、20代後半で月収30万程度、年収が600~700万、30代前半で700~800万。40代だと管理職などになり平均の年収は1000万を超えるようです。 もちろん上記の年収は営業のためインセンティブなども含めた数字になりますが、ボーナスは150~300万程度を見込めます。 逆に技術系だと20代後半で年収が450万円~、30代で年収が550万円程度となります。 20代から相当年収がいい企業です。
ファイザーの勤続年数

勤続年数は9年~11年といわれています。仕事も長いですがやはり長く働いて実績をあげればそれに見合う年収をもらえます。 ある程度収入を得たあとは、脱サラをして余生を楽しんだり、自分でコネを活かして起業したり、他企業の製薬会社へ転職するなどそういう人が多いそうです。
ファイザーの生涯年収は

勤続年数は9年~11年といわれていますので、 20代の平均年収が5000万 30代の平均年収が8000万 40代の平均年収が1億 なので合計、20年働いたとして、2億3000万の年収をかせぐことができます。 一般サラリーマンの平均生涯年収が1億2000万といわれているので約1.8倍を20年で稼ぐことができます。
働くには?

MR職であれば、大卒の全学部が対象となっています。 臨床開発や生産技術職になると理系の大卒、または修士を卒業している人を採用します。 求める人物像は、 広い視野を持ってる人、変化を楽しめる人、協力をしあって物事を進めていける人です。 採用が決まると、入る前には研修があり、品川プリンスホテルに宿泊し、試験へ受からないと採用とならないということもあったそうです。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/407-42ee0edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ