最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アップル (Apple Inc.、NASDAQ: AAPL) 社は、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパティーノに本社を置く、デジタル家電製品および同製品に関連するソフトウェア製品を設計・製造する多国籍企業である。

ハードウェア製品として、パーソナルコンピュータのMacintosh(Mac)シリーズ、携帯音楽プレーヤーのiPodシリーズ、携帯電話のiPhone、タブレット型情報端末のiPad、ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムのMac OS Xや、統合ソフトウェアのiLifeなどの開発・販売を行っている。

色々最近ではiphoneやipadで一躍世界にでてきました。


平均年収はというと・・。

正社員で500万以上の平均年収がもらえるそうです。
実力社会のため、勤続年数は2年ぐらいがいいそうです。
移り変わりの激しい会社です。

基本給与は高めで営業だとそれにインセンティブがつくため月間でかなりの月収の増減があるそうです。
年収はだいたい500~800万ぐらい。

昇給はあまり見込めない会社なので入社時の基本給与が勝負という情報も。

企画・マーケティングの30代女性社員で年収が700万以上です。

外資系企業は基本的に実力社会なのでそれなりに大変ですがいい報酬をもらえるそうです。
アップルジャパンの雇用状況

アップル本社の人が言っていたことは。

入りたい会社の役員もしくは人事権を握っている人に「ぜひ来てほしい」と思われるような経験を積むことじゃないかと僕は思ってるよ。
ただ普通に日々を過ごしているだけじゃ決まらないのはある意味当たり前だよね。
ただ勉強して、ただサークル活動をして、飲んで、・・・というだけの学生は、まぁいらない。
現時点で能力は求められてはいないけれど、どのぐらい働くことについて考えて行動しているかはどの会社も絶対に見るはず。

とのことです。
中途採用がほぼ多いようです。
新卒はあまり取らないとのこと。

英語は必須条件です。
人事担当はほぼ外国の人が多いために英語を話せないと、昇進も難しいとのこと。
コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も必須です。

どの外資企業で仕事をしたいのなら、英語も必要ないところもありますが、最低でもTOEIC850点以上はとっておきたいところですね。
英語が苦手な人なら外資よりも日本企業で、年収500万以上を探すほうが、年収をあげる意味では近道かもしれません。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/404-194679b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ