最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Google(グーグル)は、アメリカ合衆国のソフトウェア会社、あるいは、同社の運営するインターネット上での検索エンジンであり、世界でシェア率一位の検索エンジンにあたります。
ウエブサービスを提供したりなど現在第一線で活躍する世界の企業となっています。
グーグルの平均年収は、職種によってもちがいますが1000万越えばかりのようです。
アメリカのグーグルで働くプログラマーは約1757万円が平均年収だそうです。
グーグルジャパンでは、セールス系だと800~900万程度といわれています。
グーグル(google)に入るには?

グーグルに入るためにはまず面接を受けなければなりません。
面接は基本英語。
基本的にどの職種でも推定するようなお題を聞かれることが多いようです。
視聴率が下がっている理由を代替消費、コンテンツの質以外で、答えてみてください。などがあるそうです。
面接は、4, 5 人と接し、ビデオカンファレンスでの外人インタビューもあるようです。
よく面白くて考えるような質問を面接で聞かれることがあるようなので色々と知見を入れていくといいかもしれません。

・スクールバスにゴルフボールは何個入るか?
・マシンのスタックがメモリ内で増えるか減るかしているのをどのようにして見つけ出しますか?
・あなたの8歳の甥にデータベースについて3つの文で説明しなさい
などちょっととっぴな質問もあるそうです。
福利厚生や待遇がいいのが外資系。グーグルの待遇は?

昼食はただのようです。
ビュッフェ形式でなんでも食べたいものは食べてもいいそうです。
待遇等はいいのですが入社するにはまず大切なことは英語だそうです。
世界で話をするために一流大学以外の方ならTOEIC900点ぐらいはとっておいたほうがよさそうです。
それ以外にはエンジニアやマーケティング部門もあるそうなので、がんばりしかないようです。
英語だけは必須。
あと自分で論理的に考える思考能力なんかも必要らしいですね。
googleの平均年収は相当高いので働ければ自慢もできるし、高待遇だし、それなりにいいこと尽くめですね。
年収が1000万以上の職種は他にもありますが。今世界でもっとも有名な企業といえばこのgoogleではないでしょうか。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/401-3fd4dae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ