最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





行政書士の平均年収に興味がある方のための基礎知識

平均年収

平均年収:年収600万円から650万円未満
平均月収

50万程度
ボーナス等

100万~
職務内容

申請書類の種類は、非常に多様化しており、10,000種類以上もあるといわれています。
どんな時にどんな書類が必要になるのか、またどんな書式で書いたらよいのか一般の人には、難しい場合もあります。
そんな時活躍するのが行政書士になります。
広範囲の仕事内容です。
具体的な仕事内容としては、会社設立、遺産相続、建築業許可申請、自動車登録、内容証明などの際に必要な書類の作成や、各種契約書の作成などになります。
平均年収が高い仕事内容

独立して顧客が増えれば、年収1000万以上も可能です。
1000万以上もらっている行政書士は全体の2割ほど 世の中「実力主義」の時代といわれていますが、行政書士をはじめ、独立開業者の世界こそ本当の意味で実力主義の世界なのです。
雇用状況

法律事務所、企業など、だいたい独立する人が多いそうですが、色々な企業でも資格をもっていれば有利に働くこともあるそうです。
行政書士の資格以外で、パソコン等ができるとより有利かもしれません。
利点

平均年収が高いことがまず利点です。
最近は裁判員制度の問題がありますが、行政書士になればそれなりに仕事があります。
独立してコネをつくり最終的には 政治家に転向する人もおおいそうです。
行政書士の仕事に就くには?

行政書士試験に合格し、行政書士になる方法。
宅建よりもちょっと難しいといわれています。
約1年~2年勉強すれば一般的に取得できるといわれています。
法令科目は憲法、行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法、民法、商法(会社法) 一般知識は政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解などになります。
専門スクールや通信講座で勉強する方がおおいようです。
仕事と勉強を両立してる方もおおく仕事をしながら勉強してもそれなりに難しいですが 受かることがおおいそうです。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/398-f7e587d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ