最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





公認会計士の平均年収に興味がある方のための基礎知識

平均年収

平均年収:800~900万円
平均月収

50万~60万程度(不動産業のFPの場合)
ボーナス等

120万~
職務内容

公認会計士(こうにんかいけいし)は、国家資格などにより監査及び会計・税務処理を認められた専門職種。
監査、会計対象の企業から独立していることに特徴がある。
日本国においては、公認会計士や弁護士が税務を行う場合は税理士の名をもって税務を行うこととされるが、公認会計士のその職務には税務が本質的に内包されている。
いわゆる3大難関国家試験の一つ。
平均年収が高い仕事内容

大手監査法人に勤めている公認会計士の年収は、公認会計士の年収平均800万円よりも多く、1000万円前後と言われています。
大手監査法人に入るのがいいと思います。
独立して会計事務所を開いた場合、成功すれば公認会計士の平均年収としては2000万ぐらいになるそうです。
雇用状況

今後、2018年までに3万人以上もの公認会計士を増やす計画がありますので、会計士の資格があるだけで、公認会計士の年収が800万円や1000万円になるというよりも、まずは就職が出来るかどうか、という問題になるのでしょうか。
公認会計士の仕事に就くには?

公認会計士には、公認会計士試験の短答式、論文式試験に合格後、監査法人などで勤務をしながら3年の実務補習を修了し、修了考査に合格すれば、公認会計士になることができます。
かなり難しい難関の資格のために何年も勉強してる方もいます。
そのかわり見返りはそれなりにすごいものになるのでしょう。
会計士から政治家に転身する人も多いそうです。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/397-df20c71c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ