最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





20代前半と後半での年収の変化。

20代では前半と後半で平均年収もかわってきます。
特に、前半はまだ見習いや、ちょうど仕事になれる時期でもありますが 後半になると責任のある仕事などを任されたりもするようになる時期です。
全体的には20代前半だと、240万程度、20代後半の平均年収は340万程度になります。
特に20代でも年収が高いのはIT系のウェブデザイナーや介護系が高いようです。 ファッション系も店長クラスになれば都内だと月収20万ぐらいはもらえるようです。
20代男女の平均年収の差

20代男女によっても平均年収の差は違います。
20代前半の男性だと264万、女性の平均年収は230万程度となります。
20代後半になると男女の格差も開いてきます。
男性だと370万程度、女性だと290万程度となってきています。
10年前と比べると、平均年収は落ちてるようです。
不況の影響もあるせいか、バブルがはじけた以降はどんどんと全体的に平均年収が下がる傾向にあります。
大手メーカーだと平均年収は400万!?

大手メーカーになると20代でも年収が400万を超えてたりするようです。
仕事は結構過酷らしいですがそれぶんの時間にみあった年収ももらえるよう。
残業代がちゃんとつく会社でも残業した分が上乗せされるので20代でお金が欲しいと思うなら 残業代がちゃんとつくような職場にしたほうがいいかもしれません。
東京と地方だと月収の格差もあるようです。
あとIT系だとウエブデザイナーやプログラマーが年収がそうそういいので20代ならねらっていくのもありかもしれません。
特にIT系は年齢は20~30歳の人が多いです。
知識がなくても初心者からでも雇用を取ってるところも多く社内で人材を育てていくという環境も整っている企業があります。
20代は色々な職種に挑戦するチャンスの年代でもあるので年収もそうですが、職種を色々体験してみるのも手かもしれません。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/393-0cd5f8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ