最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







「むしろ松田聖子、ユーミンがヤバい……!」フジテレビ“口パク禁止令”で本当に困る歌手たち


松田聖子



 フジテレビ音楽番組の名物プロデューサー、きくち伸が自身のブログ上で「口パク禁止令」とも受け取れる文章を書き込み、一般視聴者のみならず、音楽業界にも波紋を呼んでいる。ネット上では「AKB48はどうなる?」「Perfumeはアウト」などの議論が盛り上がっているが、本当に“ヤバい”のはベテラン歌手だという。

「確かに、新曲プロモーションで出演する音楽番組で口パクが禁止されたら、ジャニーズやAKB48あたりはダンス色の強い曲を歌いにくくなるでしょう。ただし、きくちPが言及している番組は、カバー曲や往年のヒット曲が中心なので、一定の歌唱力があれば対応できるはず。それよりもダメージが大きいのは、加齢や喉のトラブルから全盛期のような歌声が出なくなってしまった歌手です。具体的には松田聖子や松任谷由実、杏里、持田香織などが出演しにくくなる」(レコード会社関係者)

 中でも松田聖子の場合、デビュー時にはみずみずしい歌声で評判を取ったものの、喉のトラブルがもとで、30代に入った頃からはほとんど口パクで通しているという。

「聖子さんは年齢とともに顔やスタイルが激変したことも話題となりましたが、一番変わったのは、実は“声質”なんです。20代の終わり頃に、喉の酷使から声が出なくなってしまい、それ以降は声量を伴わない歌唱法を用いるようになりました。コンサートやテレビ出演では、念入りに加工された録音バージョンで、生歌の弱々しさを補強しています」(同)

 また、音楽関係者からは、地デジ化に伴って音楽番組の音声ミキシングが大ざっぱになっているとの声も出ている。

「ここ最近の傾向として、演奏よりも歌声を強調するミキシングが主流となっています。そのため、ちょっとした声のゆらぎや呼吸の乱れで、演奏自体がバラバラに聞こえてしまうケースも増えているのです。そうしたリスクを避けるため、『いい音楽を届けるには、口パクのほうがいい』と話すスタッフは、レコード会社だけでなくテレビ局にも多いですよ。海外では同様の理由から、テレビやラジオでは口パクが主流です」(前出関係者)

 『FNS歌謡祭』などで高い評価を得ている、フジテレビの音楽番組の立役者きくちPによる今回の提言。口パクの是非だけでなく、ベテラン歌手のあり方や、音楽番組の音声ミキシングのあり方まで問うものといえそうだ。
(文=市場葵)













コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/375-73b9e1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ