最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





元公安の菅沼光弘による暴露

- 日本の裏社会とは、ヤクザ、同和、在日朝鮮人、この3つ
- さらにヤクザの60%が同和関係者、30%が在日朝鮮人、10%が中国人
- ヤクザは右翼、民族団体に看板を変えて活動している
- 右翼の街宣活動は大きな資金源となっている
- その資金をサラ金、IT産業に投資している
- 北朝鮮の経済を支えていたのは在日朝鮮人の送金
- 日本の税務当局との協定で在日朝鮮人は税金を払っていなかった
- 万景峰号、日本の税関はノーチェックだったため現金だけでなくいろいろな物資が流れた
- 日本はスパイ天国、秘密なんてない。どんなに情報が漏れようが米国が守ってくれると思っているから
- 日本の企業は日本の次の敵である中国と密接な関係を持とうとしている、日本は自分で自分の首を絞めている

菅沼 光弘 プロフィール

1936年生まれ
1959年 東京大学法学部卒業後、公安調査庁入省
調査部第二部長として旧ソ連、北朝鮮、中国の情報分析に当る。世界各国の情報機関との太いパイプを持ち、日本におけるクライシス・マネジメントの第一人者
アジア社会経済開発協会会長
瑞宝中綬章受賞
10011440608.jpg


この国を支配/管理する者たち―諜報から見た闇の権力 この国を支配/管理する者たち―諜報から見た闇の権力
中丸 薫、菅沼 光弘 他 (2006/03)
徳間書店
この商品の詳細を見る




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/36-ac28841d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ