最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





朝青龍を応援するか、応援しないかはあまり問題でない。実際問題として朝青龍は大相撲、ひいては、それを日本の守るべき文化として認識している日本人にとって、必要な存在であるはずである。あらゆる意味でいなくなってもらっては困る人材なのである。例えばテレビで視聴率が取れなくなったら、興行としての大相撲は終わりであり、ビジネスとして大相撲協会を存続させる意味が小さくなってしまうのである。

娯楽としての興行には、どうしても横綱というメインイベンターが必要であり、彼には人を惹きつける魅力が求められる。そこに人格的なものを求めるのではなく、圧倒的な強さを求めるほうが正直というものだ。はっきり言って、お金を払って見に来ている観客にとって、人格などどうでもよいのだ。強い横綱がいて、勝って当たり前で弱い力士を力でねじ伏せることが期待されている。もしくは、格下の力士が、痛快に横綱を負かすという大どんでん返しがあれば楽しいなと、心のどこかで思っている。

横綱朝青龍よ、一月場所で憎たらしいまでの強さで優勝してくれ!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://supreme2006.blog81.fc2.com/tb.php/174-4c3f28e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター

 あああ