最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





AVに出演する女性のほとんどがが40歳以下だと考えると、10万人の女性が過去に出演したことがあるのであれば、もしかしたら300人に一人くらいになるかもしれませんね。
しかし、こんなことを殊更騒ぎ立てる韓国もどうかと思う。。。

 日本週刊誌『週刊現代オンライン』は、日本で一般女性らがAVに出演していることは、日常的な光景になったと報じた。日中ニュース専門サイトが 29日に伝えた。韓国メディアも関連内容に注目し、「AV天国である日本は、お隣のおばさんから名門女子大生までAVに出演する国家」と報じている。

 同サイトは、日本が年間にAVを1万本以上製作することと、出演経験がある女性も10万人を上回り、500人に1人が出演したことになると伝えた。特に出演者のうち、9%は専門女優ではなく、自発的に出演する一般女性だと指摘。

 サイトはまた、素人ヌード雑誌『ストリートシュガー』の元編集長である和田二郎氏の見解も紹介。20年間で400人以上を撮影したとする和田氏は、「女性らがヌード写真を撮られることを好んでいる感じがした」と述べた。

 続けて「女性らが表面的には当惑していたが、実際の撮影では嫌がる姿を見たことがない」とし、最近になって個人のヌード写真が頻繁に流出されていることが良い証拠になるとの見方を示したという。

 韓国メディアは、日本人ネットユーザーらが同件について「日本はむちゃくちゃな文化」、「女性100人を相手にひざまずいて哀願すれば、1人ぐらいは体を許すだろう」などとの反応をみせたと伝えた。(編集担当:永井武)


http://news.livedoor.com/article/detail/5173716/
スポンサーサイト





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101109-00000000-pseven-pol

実は、裁判官、検察官、弁護士には、政治家やキャリア官僚も驚くほど恵まれた特権が与えられている。検察の給与体系は、霞が関でもズバ抜けて高い。

 検察庁は法務省に所属する行政機関だが、法務官僚は他の役所と同じように国家公務員試験を経て採用され、官僚トップは事務次官だ。一方の検察官は司法試験合格者(司法研修生)から毎年約100人が採用され、トップは内閣任命の検事総長である。

 ところが、法務省設置法の附則に、〈法務省の職員のうち、133人は、検事をもってこれに充てることができる〉と定められていることから、法務省の主要ポストを司法試験組の検事が占めるという歪な人事体系が続いており、法務・検察内部の序列も、検事総長→東京高検検事長→法務事務次官の順とされる。検察が上部機関の法務省をコントロールしているのである。

 霞が関では、国家公務員試験1種を合格したキャリア組のなかで、各省の審議官以上の幹部は「指定職」と呼ばれ、全省庁合わせても約830人しかいない。トップの次官(年収約2300万円)は各省1人、局長級(年収約1900万円)以上は大きな役所でも10人ほどだ。

 それなのに、検察官には、次官以上の高給取りがゴロゴロいる。トップの検事総長の年収は大臣と同額の年収約2900万円、東京高検検事長は副大臣と同額(約2800万円)、大阪など7つの高検検事長は約2400万円と、次官を超える高給取りが10人。さらに、その下に「次官級」がなんと59人もいるのである。

 法務省の内部資料によると、各都道府県に置かれている地方検察庁の検事正や高検次席検事など59人の給料が、なんと「次官」と同額の約2300万円だ。そうした給与水準がいかに異例なことかを元警察庁キャリア官僚が語る。

「地検検事正は、警察官僚でいえば各県警の本部長に相当するポストで、本部長の給料は本省課長クラスの年収約1200万円程度。つまり、検察官はわれわれキャリア警察官僚の2倍の給与を得ているわけです」

新卒の検察官の年収はこちら




     

無料カウンター

 あああ