最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





外資系の年収

■外資系企業の年収は、同じ業界・業種の日本企業の年収と比較すると、20%から50%ほど外資系の方が高額であると思われます。

また、銀行や証券などの金融業界では、他の業界以上に国内企業と外資系の年収の格差はあります。

(例えば、外資系の金融では億単位のコミッションがもらえたりするため、かなりの高額な年収も可能となります)

しかし、一般的には20%~50%程度、外資系の年収のほうが日本の同業の企業よりも高額であるといわれています。

外資系企業では、実力や実績・経験などによって年収が変わってきますので、一概に業界・業種やポジションだけで年収の額を断定することはできません。

外資系社長の平均年収はこちら

しかし、各種のデータなどから外資系のポジション・職種別による平均的な年収を推計してみましたのでご参照ください。

(なお、記載されている年収は、推測値ですので、あくまで参考収入としてご利用ください。また、コミッション等は含まれておりません)

【一般】
人事スタッフ 400万~600万円
人事マネージャー 1000万円~2000万円
人事部長以上 1500万円~3500万円
総務スタッフ 400万円~700万円
総務マネージャー 700万~1200万円
カスタマーサービス 500万円~800万円
マーケティングマネージャー 900万円~2000万円
マーケティングディレクター 900万円~3000万円
セールス 500万円~1000万円
セールスマネージャー 800万円~1600万円
セールスディレクター 1500万円~3000万円
ジェネラルマネージャー 1000万円~3000万円
購買 600万円~900万円
購買マネージャー 800万円~1200万円
生産管理 500万円~700万円
生産管理マネージャー 700万円~1300万円


【金融】
ファイナンシャル・マネージメント 600万~1500万円以上
プロジェクトマネージャー 700万円~1400万円以上
オペレーションコントロール 600万円~1300万円以上
トレードサポート 600万円~1400万円以上
アナリスト 800万~2500万円以上
ストラテジスト 600万円~1500万円以上
スポンサーサイト




     

無料カウンター

 あああ