最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





現代の陰陽師、副島隆彦が書いた中国本第2弾。
世界の成り立ちが大きく変わろうとしている今日において、副島隆彦の中国分析は日本国にとって非常に重要性が高まっている。
彼のように人類の歴史を俯瞰しながら真実を冷酷に銛で一突きするように射止め、何も知らない国民に知らしめることができる人物は、日本にとって本当に貴重である。





あと5年で中国が世界を制覇するあと5年で中国が世界を制覇する
(2009/08/28)
副島 隆彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト





人生を生き抜くための知恵が詰まった男必読の書。




うらおもて人生録 (新潮文庫)うらおもて人生録 (新潮文庫)
(1987/11)
色川 武大

商品詳細を見る


優等生がひた走る本線のコースばかりが人生じゃない。ひとつ、どこか、生きるうえで不便な、生きにくい部分を守り育てていくことも、大切なんだ。勝てばいい、これでは下郎の生き方だ……。著者の別名は雀聖・阿佐田哲也。いくたびか人生の裏街道に踏み迷い、勝負の修羅場もくぐり抜けてきた。愚かしくて不格好な人間が生きていくうえでの魂の技術とセオリーを静かに語った名著。

色川武大/著
イロカワ・タケヒロ

(1929-1989)東京生れ。東京市立三中に入るが、学校になじめず中退。戦後の数年間、放浪と無頼、映画と演劇の日々をおくる。雑誌編集を経て、1961年「黒い布」で中央公論新人賞を受賞。その後、阿佐田哲也名義で『麻雀放浪記』など多くの麻雀小説を手掛ける。1977年『怪しい来客簿』で泉鏡花賞、1978年『離婚』で直木賞、1981年「百」で川端康成賞をそれぞれ受賞する。1988年には『狂人日記』で読売文学賞を受賞した。他の作品に『引越貧乏』『生家へ』『恐婚』など




     

無料カウンター

 あああ