最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





71 国家Ⅰ種(五大官庁:財務省本省・警察庁・経済産業省・外務省・総務省自治)
70 国家Ⅰ種(二番手本省:国土交通省・防衛省・金融庁・総務省非自治)
69 国家Ⅰ種(中堅本省:厚生労働省・文部科学省・環境省・内閣府・会計検査院)
68 国家Ⅰ種(学歴不問省:農林水産省・人事院・衆・参議院法制局Ⅰ種)
67 衆議院Ⅰ種、参議院Ⅰ種、裁判所事務Ⅰ種
66 国家Ⅰ種(法務省・国税庁・財務局・税関などの外局・独立行政法人)、国Ⅰ理工、国Ⅰ農学、国Ⅰ人間科学

64 外務専門職
63 国会図書館Ⅰ種、衆議院Ⅱ種
62 家庭裁判所調査官補、参議院Ⅱ種

60 都庁Ⅰ類、優良県庁、国会図書館Ⅱ種
59 中堅県庁、政令市
58 下位県庁、23特別区Ⅰ類、労働基準監督官
57 国税専門官、裁判所事務官Ⅱ種、航空管制官
56 国家Ⅱ種(本省)、中核市役所
55 国家Ⅱ種(本省以外)、特例市役所、防衛省Ⅱ種
54 国家Ⅱ種(社会保険事務局・独立行政法人)、一般市役所、自衛官(幹部候補)、法務教官、高校教員
53 国立大学、県庁(学校事務・警察事務)、小中学校教員、町役場

47 村役場、大卒消防官、大卒警察官
46 皇宮護衛官、入国警備官、バス運転手
45 刑務官、自衛隊員

※難易度(試験科目や倍率、受験者層)だけでなくステイタス(モテ度・自慢度)も中心にして
ワークライフバランス(激務度)、給与(出世のしやすさを含む)等も勘案
公務員の異常な世界―給料・手当・官舎・休暇 (幻冬舎新書)公務員の異常な世界―給料・手当・官舎・休暇 (幻冬舎新書)
(2008/03)
若林 亜紀

商品詳細を見る
公務員入門―「不況の時はやっぱり公務員」のウソ・ホント公務員入門―「不況の時はやっぱり公務員」のウソ・ホント
(2009/05/29)
山本 直治

商品詳細を見る
スポンサーサイト





給与ランキング     激務ランキング       マターリランキング
 1 東京海上      1 富士火災        1 トーア再保険
 2 日本生命      2 明治安田        2 損保料率機構
 3 三井住友      3 日本生命        3 かんぽ   
 4 第一生命      4 損ジャ          4 生保協 
 5 損ジャ        5 東京海上        5 損保協
 
人気ランキング     総資産ランキング      不払額ランキング
 1 損ジャ        1 かんぽ          1 明治安田生命
 2 東京海上      2 日本生命        2 日本生命
 3 日本生命      3 第一生命        3 朝日生命
 4 三井住友      4 明治安田        4 アメリカンファミリー生命保険
 5 第一生命      5 住友生命        5 損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険

収益性ランキング    契約者数ランキング     福利厚生ランキング
 1 東京海上      1 かんぽ          1 かんぽ
 2 日本生命      2 日本生命        2 日本生命
 3 三井住友      3 東京海上        3 第一生命
 4 かんぽ        4 第一生命        4 東京海上
 5 第一生命      5 三井住友        5 三井住友
図解入門業界研究 最新保険業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)図解入門業界研究 最新保険業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
(2008/12)
木本 紘有地 智枝子

商品詳細を見る





植草一秀の『知られざる真実』
植草一秀氏ほど日本の現状を正確に捉え、あるべき姿を提示している人物が他にいるだろうか?
彼の意見は、決して新聞やテレビなどのメディアで報道されることはない。
理由?ほとんどの日本人は漠然とであるが気付き始めている。しかし、誰も公式に真実を暴くことができない。そこに日本を蝕んでいる病巣がある。
彼の意見は、確実に日本人に伝達されている。インターネットのブログを使った情報発信を駆使し、まさにゲリラ戦で戦っている。
植草氏は、今後も主要メディアで取り上げられることはないであろう。それでいいのである。これまで絶対唯一の存在であった新聞とテレビの地位が相対的に地盤沈下し、インターネットの重要性が認識されてきている状況においては、はっきり言って植草氏が優位な立場に立っている。
彼の発信する情報が日本を変えるきっかけになるであろう。




     

無料カウンター

 あああ