最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





シオンのプロトコールは、その存在を信じるか信じないかに関わらず読んでおくことをお勧めする。wikipediaでの解説はこちら。『続きを読む』で全文を閲覧することができる。

images.jpg

ユダヤ5000年の知恵―聖典タルムード 発想の秘密 ユダヤ5000年の知恵―聖典タルムード 発想の秘密
M. トケイヤー (1993/09)
講談社
この商品の詳細を見る

図解 ユダヤ最強の成功ノート―お金持ちの「頭の中」を図解化した画期的な本 図解 ユダヤ最強の成功ノート―お金持ちの「頭の中」を図解化した画期的な本
手島 佑郎 (2005/03)
イーストプレス
この商品の詳細を見る
[シオンのプロトコール]の続きを読む
スポンサーサイト





立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」に結構なペースでコラムを書き続けている立花隆。しかし、今オピニオンリーダーたり得ないのは何故であろうか。彼の書くコラムの内容に独自性がなくなったようにも思える。以前は彼の情報収集能力はずば抜けて高かったが、ネット時代においては彼の著作は凡庸である。ただ情報収集能力が高いことには変わりがないので、知識を増やすために頻繁に更新がないか確認することにしている。
tachibana.jpg

滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか
立花 隆 (2006/04/13)
日経BP社
この商品の詳細を見る





メディアで伝えられることがない政治の舞台裏を届けれくれる貴重なサイトである『論談 記者クラブ』。政治家の動きや企業の不正などを主に全国紙の記者が投稿しているようだ。
一週間に一度のペースで記事が更新されている。記事自体は非常に短く短時間で読むことができるのがいい。
論談編集責任者 政田幸一氏

上の写真は論談編集責任者の政田幸一氏である。

最近の記事をひとつ転載する。

平成18年10月04日
 ウソか本当か─。
鈴木宗男議員が、安倍政権の命運を握っているという。
「 政調会長の中川昭一は、鈴木の政敵。 農水大臣の松岡利勝は弟分。 後輩たちが政権に入り、いまは “一人旅” をしている鈴木宗男としては、何とかここで名を売る必要がある。 彼の調査能力は抜群だから、中川、松岡のスキャンダルも握ってたら、波乱が起きることになる。 鈴木にヤル気がなくても、安倍政権に対して頭にきている勢力が、これを利用しようとしているようだ 」(政治部記者)






きっこの日記を毎日欠かさず読んでいる人は多いのではないだろうか。ミラーサイトとしてきっこのブログに同じ内容の文章をアップしている。耐震偽装問題が世間を騒がせたときに、マスコミより早く情報をネット上に配信したときから非常に話題になった。「ヘアメイクアーティストの女性」を自称しているが、カムフラージュしていることは明らかである。Wilipediaでの紹介はこちら
ただし、身元はっきりしない人が書いているサイトを読むときは注意が必要である。影の組織がプロパガンダを流すために使用していると考えられるためである。
最近本を出版したが、出版元である白夜書房の担当者は『きっこ』がどういう存在であるか分かっているはずである。おそらく契約で『きっこ』の素性を明らかにしないということになっているであろうが、いつかはネット上にその情報が流出するであろう。


きっこの日記 きっこの日記
きっこ (2006/10/07)
白夜書房
この商品の詳細を見る





森田実の森田実の時代を斬るを読むことによって、日本の政治において何が問題となっているのかを理解できる。森田実は郵政民営化について痛烈に批判し、小泉純一郎がなにをやろうとしたかを暴いてくれた。
morita_images.jpg

アメリカに食い尽くされる日本―小泉政治の粉飾決算を暴く アメリカに食い尽くされる日本―小泉政治の粉飾決算を暴く
森田 実、副島 隆彦 他 (2006/07)
日本文芸社
この商品の詳細を見る





キーワード:アメリカ人、経済学博士、アシスト代表取締役

大阪日日新聞のウェブサイトでビル・トッテンのコラム 温故知新を読むことができる。私は新しいコラムがアップされたら欠かさず読むようにしている。アシストのウェブサイトのビル・トッテンのページにおいても、2つ遅れくらいで同じ内容のコラム(On World)を掲載し、情報発信している。
大阪日日新聞のサイトでは、ビル・トッテン以外の著名人が書いたコラムも掲載されてあるので、時間があるときにチェックするようにしている。
bill_images.jpg

「脱アメリカ」が日本を復活させる 「脱アメリカ」が日本を復活させる
ビル トッテン (2000/10)
徳間書店
この商品の詳細を見る





株式日記と経済展望は、星の数ほど存在するブログの中から世の中の本質を突くような記事を紹介し、評論を加えているブログである。株取引の運用成績を報告であるかの様なタイトルであるが、幅広いジャンルをカバーしており私の貴重な情報源のひとつであり、毎日欠かさず目を通すようにしている。ブログはミラーサイトであり、こちらが本拠地であるようだ。
a54917e41fa38f836b3b0c91da706696.jpg





     

無料カウンター

 あああ