最高の知識をネット上から集めて再配信するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





◇◆◇  激裏PR-GATE 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

  ビッグダディ元妻林下美奈子セミヌード公開

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 4月1日に離婚したビッグダディこと林下清志と元妻美奈子。
 ビッグダディは次女、四男、三女、四女と共に岩手・盛岡へ
 美奈子は1男4女を連れて宮崎県へ別離することとなった。

 しかしタダでは転ばぬ大家族。ビッグダディは自叙伝を。
 元妻美奈子は暴露本を出版する上セミヌードになり
 話題になっている。

 http://mobageki.net/press/mina.jpg  
 http://mobageki.net/press/mina2.jpeg 

 美奈子の暴露本は衝撃的だ。
 暴露本「ハダカの美奈子」紹介より

 大人気番組のもう一人の主役による衝撃の告白。
 別居、離婚の真相はもちろん、父親からのDV、15歳で妊娠、
 元夫からの執拗なDV、2度の離婚、殺された元カレ、
 番組では隠さざるをえなかった2つのタトゥー、
 そして番組放映中にミイラ化して孤独死していた父親……。
 ●生い立ち、父親からの度重なるDV
 ●家を飛び出し、グレて高校を2ヵ月で中退
 ●シンナー、レイプ未遂、覚せい剤騒動
 ●15歳で妊娠発覚。中絶も考えたがさまざまな葛藤を乗り越え産むことを決意
 ●結婚をせず、長男・星音を私生児として出産
 ●17歳で結婚、その後、立て続けに5児を出産
 ●5児を育てるために水商売へ。No.1キャバ嬢に
 ●元ダンナのDV、浮気。子どもとともに逃亡、シェルターへ
 ●シングルマザー時代に入れた2つのタトゥー
 ●ダディとの出会いからスピード再婚の実情
 ●ダディとの性生活
 ●再婚と移住を巡っての実父との金銭トラブル
 ●音信不通となっていた実父が昨年5月に孤独死していたことが発覚
 ●テレビで放送される生活への違和感、戸惑い
 ●ダディとの離婚、新天地・宮崎での生活

 宮崎県への転居は、テレ朝のキー局がなく
 ビッグダディが放送されていないからだというが
 あまりにも底辺すぎる内容、脱ぐ母親・・・
 離婚したので、一人の女の戻って一花咲かせたいと
 つぶやく母親。子供5人の運命は如何に。


================================
スポンサーサイト





金光興二

目次

1 経歴
1.1 高校時代
1.2 大学時代
1.3 社会人時代
1.4 引退後
2 関連項目
3 外部リンク

経歴
高校時代

1973年、広島商業の主将・1番・遊撃手として佃正樹(故人)、達川光男、楠原基、川本幸生(故人、元・NHK高校野球解説者、元・広島商業監督)らと春センバツ出場。怪物・江川卓一色となったこの大会、準決勝で江川の作新学院と対決。迫田穆成監督が指示した待球戦術他と終盤、金光らが企てたダブルスチールで、慌てた捕手・小倉偉民が三塁に悪送球して決勝点を奪い江川を倒した。しかし決勝は渡辺元(渡辺元智)監督、エース永川英植らでセンバツ初出場した横浜高校の長打攻勢に敗れ準優勝に終わった。

同年木製バット最後となった夏の甲子園では決勝戦で植松精一らを擁した静岡高校を、9回サヨナラ満塁スリーバントスクイズで降し全国制覇を達成した。この試合の観客58000人は当時の新記録だった。
大学時代

高校卒業後に進学した法政大学でも1年から二塁手のレギュラー。「花の(昭和)49年組」と騒がれ江川、植松、袴田英利、島本啓次郎らと四連覇を含む5回の東京六大学リーグ優勝に貢献。ベストナインにも5度選出され1976年、1977年と明治神宮野球大会を連覇し、大学日本一にもなり法政の黄金時代を築いた。3年から務めた主将在任時には、副将・江川と共に縦関係の厳しすぎた野球部の体質改善にもあたった。リーグ通算95試合出場、345打数108安打、打率.313、4本塁打、41打点。
社会人時代

1977年のドラフト会議でも大型内野手、即戦力と騒がれたが、相思相愛といわれた広島東洋カープには指名されず、近鉄バファローズにドラフト1位指名された。金光はアマ野球選手・指導者志望へ方向転換、近鉄入りを拒否しプロ野球を断念、地元の三菱重工広島に入社した。三菱重工広島では都市対抗野球大会に8度出場、1979年の都市対抗野球では新日鐵光から補強された大町定夫らと共に活躍して優勝を果たす。1989年現役引退。
引退後

その後は社業に就く傍ら母校・広島商業野球部監督に就任。1992年・1994年の2度、春センバツ大会出場に導いた。1995年に退任した後は再び社業に専念した。

2003年、母校・法政大学の要請で同大学野球部監督就任。2005年秋季、2006年春季、2009年春季リーグで優勝。2009年の第58回全日本大学野球選手権大会では法政を14年ぶり8回目(全国最多)の日本一に導いた。

しかし監督就任から2011年秋季リーグまでの9年間で優勝3回、2位1回、3位3回、4位8回、5位3回と、大半の期間において法政はBクラスに甘んじており、優勝戦線に加わることすら珍しく暗黒時代と評されている。ちなみに金光監督就任以前の9年間は優勝7回、2位7回、3位2回とほぼ毎回優勝戦線に絡んでおり、Bクラスになったのは4位が2回あるのみである。

2012年春季リーグにおいて早稲田大学が優勝したことにより、それまで長年法大が保持していたリーグ最多優勝(43回)が、ついに早大に並ばれることになった。金光監督が就任してからの9年半の間、法大はわずか3回しか優勝できなかったのに対し、早大は8回優勝している。 そのような状況の中、2012年秋季リーグでは7季ぶりの優勝を果たし、リーグ最多優勝(44回)を更新した。早稲田に勝ち点を落し勝ち点4での優勝であるものの、最終週の明治戦で三嶋が2試合連続完投勝利を上げ、早慶戦を待たずして優勝が決まった。

2013年4月、辞任を申し出て大学に了承された[1]。2013年開幕する春季リーグでは神長英一助監督が監督代行として指揮を執る。 関係者によると一部の部員から指導に対する不満の声が上がり、人事などを巡ってOB会と意見も対立していたという。




     

無料カウンター

 あああ